自分で映像作っちゃお

ネットに投稿

動画サイトって知っていますか?有名な動画サイトでは「YouTube」や「ニコニコ動画」ですよね。

たくさんの動画がってたのしいので、わたしもよく利用しています。みなさんはどうでしょう?利用しているのではないですか?見るだけではなくて投稿してみてはどうでしょうか?見るだけではなく投稿するとさらに楽しいと思いますよ。上記でも取り上げた2つのサイトは素人でもプロでも誰でも投稿が出来るんです。あななの編集した動画を、日本中〜世界中の人が見るという事になります。たくさんの人に見てもらうならそれなりに楽しい映像でなくてはいけません。基本の映像が面白いならそのまま投稿したって構いません。でもこの映像を編集してさらに楽しい映像に仕上げるともっとたくさんの人に見てもらえるはずです。

またいくつかの映像を混ぜたり、効果音など編集次第で無限大の面白さにできます。

 

>>ホームシアター

 

 ニコニコ動画 投稿方法

始めに、ニコニコ動画へ投稿する動画を作製します。
そして、この動画の形式を変換するんです(MPEG 形式 100MB・FLV形式40MB・その他・・)
この時ビットレートを確認しましょう。600kbps以内だとOKなのですが、600kbpsを超えてしまうと投稿が出来なくなるみたいですよ。
コレができたら、ひとまず準備はOK!
次に「ニコニコ動画」へ行き、サイトに従い進み、動画の新規アップロードを選択し、投稿したい動画を選ぶだけです。

簡単にまとめてみましたが、わたしも実際に投稿した事はないので、細かいところは分かりません!

 

 youtube 投稿方法

ニコニコ動画と同様で、まずは投稿したい動画を作ります。形式はFLVに変換したほうが良いみたいでう。AVIファイルでも投稿できます。
それから、YouTubeにログインして、サイトの説明通りに進んでいくと動画が投稿できるようです。

 

 

注意点

ニコニコ動画でもyoutubeでも、著作権を侵害するような動画の投稿は禁止されています。

よく、アーティストのプロモーションビデオが投稿されているのを見かけますが、なんと著作権侵害行為なんです!

また、個人や会社、団体、宗教、国など中傷するような動画も投稿してはいけません!あなたがされたらどう思いますか?ものすごく嫌な気分になりませんか?だからやめましょう。

子供や動物を虐待している動画や暴力的な動画、惨殺死体やグロテスクな動画、卑猥な動画、個人情報が分かる動画など、他人が見て不快に思う動画は基本的に投稿してはいけません!

どちらのサイトでも、投稿してはいけない動画の注意事項が書かれているはずですから、動画を投稿するときは必ず目を通してください。

 

著作権って?

音楽・絵画・映画・図形・写真など、制作物の権利の事です。
音楽など個人的に楽しむ事が目的ならば、複製をする事が出来るんです。CDを買ってMDに録音する感じですね。しかし複製を行うときの装置、媒体がデジタル方式はこの音楽の権利を持つ人に補償金を支払わなければいけません。アーティストが歌を歌います。この歌を歌っているアーティストが著作者だと思っている人は多いと思いますが、曲の著作者は作詞家・作曲家なんです。歌っているアーティストは著作権法では実演家と言われています。
しかし、著作権は管理するのが結構大変のようで、作曲家や作詞家はその曲の著作権を音楽の出版社に譲渡しているのが一般的らしいですよ。

Valuable information

2014/11/4 更新

copyright c 2009 自分で映像作っちゃお all rights reserved.