自分で映像作っちゃお

準備するもの

自分でオリジナルビデオを作るとき、ビデオカメラ1つだけでは編集を行う事ができません。

コレを使わないとオリジナルビデオを作る事は出来ません!というアイテムを紹介したいと思います。

わたしは、オリジナルビデオを作るのに、専門の機械を使わないと作る事ができないと思ってましたが、映像の仕事に携わっていない人でも簡単に作る事が出来るんです。

 

パソコン

必須アイテム「パソコン!」出ましたねー!パソコンは何でもできるんですね!わたしはパソコンを使うのはネットしか目的はありませんでした。しかし、オリジナルビデオの制作にも利用できる事が分かったので、パソコンの利用幅が広がりました♪

昔は、パソコンのある家は金持ちのイメージがありましたが、今の時代は一家にパソコン一台が普通になりましたね。

 

ソフト

パソコンに標準で入っている「ムービーメーカー」というソフトを使います。もし入っていなければネットからダウンロードする事も出来るし、普通に店で売られているので簡単に手に入れることが出来ますよ。パソコンがあっても、このソフトが無ければ編集できませんので注意してください。

 

はい!コレだけです!この2つさえあれば映像の編集は出来ます。

 

 撮影 準備するもの

まずは、撮影から始める人が準備するものです。オリジナルビデオは今持っている映像で作る場合もあれば、このように撮影からスタートする場合もあります。映画を作るときは撮影から始めます。

 

ビデオカメラ

ビデオカメラを準備します。映画などこだわった作品にしたいならビデオカメラを2〜3台ほど準備したほうがいいでしょう。ナゼかと言うと主人公を違う角度で写し編集の時に使うからです。一定方向からの撮影よりも、ほかの角度から移した映像を合わせることで、どんな場所に立っているか、またどんな状況かを映像で伝える事が出来るからです。

また、主人公の全体を写した映像と、表情を中心に撮った映像も撮る事ができます。これも同じで、全体的な流れを映しながら表情も合わせることで、どんなシーンなのか分かるようになります。

ビデオ撮影というとテレビ局で使用するような大きいカメラが必要だと思っている人もいるかもしれません。ハンディータイプのカメラやコンデジでも映像の撮影は充分に可能です。

 

バッテリー

完全に充電しても、気付いたら『電池残量1』になってた事ありますよね〜!電池が無いから撮影中止という自体になれば、スタッフや出演者は腑に落ちません!完璧に準備をしてから始めろよ(`з´)って感じです。

例え短時間の撮影予定でも、何が起こるか分かりません。撮影の際は必ず予備のバッテリーを持って行きましょう!

バッテリーは使っていなくても消費されると言う事を覚えましょう!1ヶ月前に充電したから大丈夫という事はありません。必ず電池は消耗しています。電池残量を確認しましょう!

 

マイク

話す人の声を録るのはビデオカメラだけでは物足りません。声が取れていない事さえあります。だからマイクは必要になってきます。映画やテレビ番組のロケで使うような大きいマイクではありません。

もっと小さく持ち運びも楽なマイクがあります。声をキレイに拾ってくれるのでとても役に立つ必須アイテムなんですよ。

 

拡声器

遠くにいるスタッフや出演者に合図を出したり連絡事項を知らせるときなど、拡声器があると良いと思います。

集合するとき、声が届かなくて集まるのに時間がかかると時間の無駄です。たくさんの人に超えかけする時に使うアイテムです。

copyright c 2009 自分で映像作っちゃお all rights reserved.