自分で映像作っちゃお

映画を作る

自分で映画を作ってみたいと思ったことありますよね。小さい頃に映画監督になりきってビデオカメラで撮影した事があります!わたしがカメラマンで友達が役者役という設定で撮影したのを今でも覚えています。

小学生でありながらラブロマンスの内容で、人気だったドラマをまねて演技していましたね。その映像は消される事なくキレイに保管されていて、久しぶりに友人で集まったときに、この映画を見たけれど面白くて思わず笑ってしまいました。

大人になってからも自分で映画を撮りたいなぁ〜と考える事があります。子供のころは編集作業をした事はありませんでしたが、今は映画を撮り編集作業までしてきちんとした映画を作れるようになりたいと思っています!

 

 

映画で大切なのは。やはりストーリーでしょう!!あなたは映画を見たとき、ハリウッド作品でも、どんなに画質がキレイでも、スゴイ技術のCGでも、キャストが最高でも、クオリティーが高くても、ストーリーが良くないと、見た後に「なんかイマイチな感じ・・・。」という気持ちになった事ありませんか?もし思ったことがない場合はきっと素晴らしい映画を見ているんですね!イマイチだなと思った作品は記憶にも残らない事が多々ありますが、最高のストーリーだ!!と満足した作品は見たにもかかわらず、DVDまで買ってしまいます。

ストーリーが最高なら、予算が少なくても良い作品は誕生するんです(´∀`人)♪

 

 ストーリーを考える

上記でも上げたように、ストーリーは映画の大切な部分です。まずは人を惹き付けるような物語を考えましょう。

ありふれた物語では人を惹き付けることは難しいでしょう。

 

意外性 発展性

映画では内容が他の作品に似ていたり、話の流れや進み具合がよくあるような感じでは見てても眠くなりますよね。

サスペンスでも、話の途中で犯人が簡単に予想できるような流れでは、はっきり言って発展性はありません!サスペンスでは「え!この人が犯人なの!?」という意外性がないと楽しくないものです。意外な人が犯人だったときって犯行動機は何なの!?と気になって最後まで見ませんか?

これはサスペンスだけではなく、他の映画にも当てはまります。発展性のある物語は無意識のうちに内容に惹きつけられて見入るのです。

トイレに行くのを我慢させるような、意外性や発展性のあるストーリーを作りましょう!

 

話題性

良い作品って、どんなにマイナーな映画でもクチコミや、さまざまな情報網を伝い必ず話題になります。

ラブストーリーは世の中にたくさんの作品があります。この作品の大半はハッピーエンドですよね。同じようにハッピーエンドでも話題を呼ぶ作品と、そうでない作品があります。

今まで誰もした事のない事をしたら話題になります。衝撃の結末や、派手なアクション、誰も挑戦した事のないような作品に仕上げると良いと思いますよ。

 

 キャスト

ストーリーが決まったら自然に約のイメージが湧きます。この役に合ったキャストを決めましょう。

主人公が、身体の弱い男の人の設定なのに、肌が小麦色に焼けガッチリした筋肉質の男性が演じたらどう思います?

全く話の方向性まで変えてしまうんです。役に合った人を選ばないと感動のシーンでも笑いが起きますよ〜。

キャストが良くても、大根役者だとまた困ります。外見も内面もピッタリな役者だと最高なんですけど、なかなかいないようです。

pickup

最終更新日:2014/11/4

copyright c 2009 自分で映像作っちゃお all rights reserved.