自分で映像作っちゃお

ビデオカメラ

映像を撮影するのに必要なものってなんでしょう?答えは簡単♪そう!ビデオカメラですね!ビデオカメラが無いと何も始める事はできませんね。

あなたはビデオカメラを買ったとき、どうしてますか?

箱から出し、とりあえずカメラの電源を入れて遊びますね。説明書を読まなくてもカメラの使い方は何となく分かります。家庭用のビデオカメラは誰でも簡単に使えるように作られているからです。初めて操作するビデオカメラでも録画の仕方やズームだって出来ますよね。しかし、それがが大きな落とし穴って知ってました?最近の電化製品は説明書を読まなくても簡単に操作できるので説明書を読む事をしないという人が増えているんです。

 

 

 説明書の大切さ

携帯電話をさわってて、何の事か分からない機能ってありませんか?また何のマークだろう?っと待受画面に表示されているマークを不思議に思った事ありません?それからマナーモードってどうやって設定するんだろう?と考えた事ありませんか?携帯電話を使う人は誰でもこういうシーンになった事ってありますよね(笑

わたしも、未だに意味の分からないマークがあります。このように分からない事があっても説明書を読もうとする人も少ないです。

ビデオカメラも携帯電話と同じで、基本操作が出来れば問題ない!とほかの機能を使わずに撮影している人が世の中にたくさんいるんですよ。

 

手ブレ補正機能は知っていますか?これが付いているという宣伝を印刷したポスターもよく見かけますよね。自動で設定されているビデオカメラもありますが、手ブレ補正を自分で設定できるんです。手ブレ補正のレベルなど好きなように設定するだけでも、カメラの使い勝手が変わります。

 

夜にビデオカメラを使ったことありますか?周りが暗くなるから使えない!と使わない人がいると思います。しかし、夜景モードやナイトショットなど夜でも使える機能があるので、夜でも使うことができるんですよ。

また赤外線機能の付いたカメラでは、真っ暗な部屋でも撮影ができるんです。カラー画質ではないけれど、暗闇の中でも撮影ができるので、肝試しにも使えますね。

 

 ビデオカメラの選び方

ビデオカメラを買うときに、なにを重視して買っていますか?人それぞれ選び方は違うと思います。カメラ選びで悩んでいる人は、広告として印刷されたポスターなどだけで決めるのではなく、ぜひ参考にしてください♪

 

メーカー

日本では大手メーカーでビデオカメラが販売されています。どのメーカーもビデオカメラには力を入れているので、各メーカーはイチオシ機能をアピールします。パンフレットを貰い、まずはイチオシ機能を見比べて見ましょう。

画素数・手ブレ機能・使いやすさ・オートフォーカスなど様々です。自分好みのビデオカメラを見つけることが出来ますよ。

また、このメーカーが好き。とこだわりを持っている人は、自分の好きなメーカー商品の中からビデオカメラを選ぶのも良いと思います。

テレビも冷蔵庫もDVDプレーヤーも△△社でまとめられていると、ビデオカメラも△△社で統一したくなりますね。

 

値段

ビデオカメラの値段って結構高いですよね!値段で選ぶ事は良いことだと思いますよ。ある程度の予算があると良いカメラを買う事が出来ます。始めからあまりにも高いビデオカメラを買う必要は無いと思います。一般的なカメラが物足りなかったり、ランクを上げたいという人は少し高めのビデオカメラになります。

しかし安いビデオカメラでも、聞いたことも無いメーカーだったり、古すぎるビデオカメラは避けましょう。こういう製品は壊れやすく、また違うビデオカメラを買わなくてはいけない状態になりがちなんです。

安すぎるカメラは危険です!

Last update:2017/3/30

copyright c 2009 自分で映像作っちゃお all rights reserved.